本文を書く時に使われる表現

挨拶文の後に、本文を書きます。
メールを書くそもそもの目的は、この本文でこそ達成されます。その意味で本文は最も重要と言えるでしょう。

挨拶が日頃の御礼や名乗りで始まりますから、本文の始まりを際立たせるのに、改行し、以下の表現で始められます。

さて、~についてですが、
早速ですが、~

 あるいは件名を指して、

標題の件で、ご連絡いたします。

同音の語にしばしば間違って変換されることがあります。「表」ではなく、
「標題」「標記」ですね。変換ミスに注意しましょう。

メールで依頼をする時は

メールで使われる依頼の表現は「~てください」と「お願いします」だけではありません。
これらのほかに、より丁寧な表現も用いられます。

ステップ1 すべきことを明確に依頼

例)ご記入ください。

例)お読みください。

丁寧ですが、これらは指示として、
メールの読み手がすべき必要なことを知らせています。

もう少し丁寧に伝えたいときに登場するのが、「~てもらう」「~てくれる」、
それらを敬語にした「~ていただく」「~てくださる」の形を使った表現です。

この形を使って自分の感謝の気持ちを表すことで、よりソフトで丁寧な言い方に変わります。

感謝の気持ちを込める依頼表現を見てみましょう!

もらったメールに返事は必要?

もらったメールには受領の連絡を。

皆さんは、もらったメールには返信をしていますか?

「受け取った自分が理解していれば、わざわざ返事を書くのも面倒だし、

特に返信する必要ないんじゃない?」

と思っていませんか?


ですが、今日は、送った人の気持ちになって、一度考えてみて下さい。

人気の記事

日本語教育研究所のオンラインコース

日本語レッスンについてのお問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *