メールのあて名って?

 あて名のないメールはNG


こんにちは、日研です。

メールの最初には、まず、何を書きますか?
最初の1行目には、必ず、あて名を書きます。あて名のないメールはマナー違反です。
忘れないように気をつけましょう。

もっともていねいな書き方は、「社名、部署名、役職、個人名(フルネーム)」のセットです。

例)株式会社千代田電機 御中
  営業部長 田中一郎様
 

〇注意するポイント
・相手の会社名は省略せず、正式な名称を書きましょう。
 ×(株)千代田電機

・「株式会社」の位置に注意。
 会社名の「株式会社」は、前につく場合と後ろにつく場合の両方があります。間違えると大変失礼になりますので、気をつけましょう。

・敬称は正確に書きましょう。

 ◆会社名、団体名には「御中」
  例)株式会社千代田電機 御中
    株式会社千代田電機営業部 御中

 ◆個人名には「様」
  例)田中一郎様
    田中様
 
 ◆役職+個人名には「様」
  例)営業部長 田中一郎様
    ×「営業部長

 ◆複数の人に送るときには「各位」
  例)関係者各位
  *このとき、「各位」とは書きません。
    ×「関係者各位

メールのあて名を間違えることは、メールの受信者にとって大変失礼なことになります。

初めてメールを送るときなどは、信頼関係を築く第一歩になりますので、送る前に、必ず、あて名が正しいか、もう一度、チェックしましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

日本語教育研究所のオンラインコース

日本語レッスンについてのお問い合わせ

名前

メール *

メッセージ *